やわらか生活
日々の暮らしの疑問やアイデアを。
土用の丑の日

土用丑の日言い出しっぺは誰?有名な天才と夏の土用と鰻の関係。

土用丑の日にまつわる諸説をご存知でしょうか?
とても有名なお話なので一度は聞いたことがある方も多いかと思いますが、まったく知らないという方は是非この機会に覚えてみてくださいね。


土用丑の日の起源とは?

もともと土用丑の日は、

 丑の日に『う』の字がつく食べ物を食べると夏バテしない

という風習があり、瓜や梅干、うどん、牛肉や馬肉等が食べられていました。

ある日、商売がうまくいかない鰻屋さんが、夏場売れない鰻を何とか売ろうと、当時有名だった平賀源内に相談しました。
すると、源内は「本日土用丑の日」と書いて店先に貼るよう店主に勧めました。

早速、言われた通りにすると、鰻屋さんは大繁盛。それを見ていた他の鰻屋さんも真似をしました。
これが定着して『土用の丑の日』には鰻を食べるようになったということです。


今ほど広告も宣伝もあまりなかった時代に、物凄い宣伝力と影響力ですよね。
それほどまでに平賀源内は有名で、かつ、人々からの信頼が厚かったということの表れでしょうね。


平賀源内ってどんな人?

そもそもこの平賀源内は、1728年8代将軍徳川吉宗の頃から1780年10代将軍徳川家治の頃迄、いわゆる江戸時代中期に活躍しました。
とても多彩な人で、それは、本草学者、地質学者、蘭学者、医者、繁殖事業家、劇作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家といった肩書きの多さからも想像できます。


平賀源内の出生は?

平賀源内は讃岐国寒川郡志度浦(香川県さぬき市志度)生まれで、本名を国倫(くにとも)といいます。劇作、いわゆるパロディを一番初めに作ったのも彼。

また、源内の指導を受けて始り、彼の出身地やその周辺の地域で作られた『源内焼』と言われる三彩の陶磁器まであり、その多才ぶりを今に残しています。
男色家として知られ、生涯奥さんを作ることもなく、歌舞伎役者などを贔屓に愛し、中でも、当時江戸で庶民の間で大変人気のあった、女形の役者二代目瀬川菊之丞との仲は有名です。


平賀源内が発明したものは?

また、当時の蘭学者の中でも源内は大変有名で、『解体新書』を翻訳したことで有名な杉田玄白は、源内の才能に驚き、源内が亡くなった時は大層惜しみました。
石綿、いわゆるアスベストを発見したのも源内で、これをもとに彼は、火に入れると汚れだけが燃えてきれいになることから名付けられた『火淙布』を開発しました。

更に、1769年に歯磨き粉『漱石膏』いわゆるCMソングを作詞作曲し、1775年には音羽屋多吉の清水餅の広告コピーを手がけ、これらの報酬を受け取ったことから、コピーライターのはしりとしても知られています。


平賀源内の意外な一面?

浮世絵の盛り上がりにも一役買っていて、多色摺りの浮世絵版画の最終形態である『錦絵』技法を用いて美人画を描いた、江戸時代中期の浮世絵師鈴木春信と日本初の博覧会『東都薬品会』を江戸湯島で開催したりもしました。

平賀源内の功績は、ざっと挙げただけでもここに書ききれない程本当にたくさんあり、本当に天才だったんだなぁと改めて感じます。
冬眠に備えて養分を蓄えるため、晩秋から初冬にかけてが一番脂が乗って美味しく旬を迎える鰻は、どうしても夏は味が落ちます。そのため、おそらく夏はその消費もなかなか上がらなかったのではないかと思います。

それを一大ヒット商品に仕立て上げるのですから、如何に影響力があったかを如実に物語っていますよね。
しかも、その影響が今日の私たちにも繋がっているわけですから、凄い話ですよね。


まとめ

今年もまた夏の土用がやってきます。
うなぎが貴重になってきたとはいえ、やはり夏の風物詩。こんな土用丑の日の諸説も振り返りながらうなぎに舌鼓を打ちたいですよね。