土用丑の日の「土用」の意味って何?知っているようで知らない由来を学び浪漫溢れる古への旅。

そもそも、土用って何?

いきなり本題ですが、土用についてお話しする前に、より詳しく説明するために、古代中国から伝わった自然哲学の思想である『五行説』について説明するところから始めます。少しお付き合いくださいね。

Sponsored Link

五行説とは?

この五行説は、この世のすべてのものは、木、火、土、金、水の5種類の元素からできているという考え方『五行』をもとにしています。昔の人は、この五行をもとに、5種類の元素それぞれのイメージや特徴などから季節を当てはめたんですね。具体的に見てみると、

 『木』は、植物が発育し勢いよく伸びていくことから『春』を、
 『火』は、勢いがあり燃え盛ることから『夏』を、
 『金』は、だんだん勢いが弱くなり固まった状態から『秋』を、
 『水』は、勢いが静かになった状態から『冬』を、
 『土』は、種から芽が出ることから『季節の変わり目』を

それぞれ当てはめました。(ちょっと強引な気がするところもあるような、ないような…。)
つまり、季節の変わり目が土用なんですね。

具体的には、季節の変わるとき、つまり、

 「立春、立夏、立秋、立冬の四立の直前の18日間の期間」

を指しますので、

  立夏の前18日間を春の土用、
  立秋の前18日間を夏の土用、
  立冬の前18日間を秋の土用、
  立春の前18日間を冬の土用

となります。


また、

  土用の最初の日を『土用の入り(どようのいり)』、
  最後の日を『節分』

といいます。よく、毎年2月に豆まきをする、あの節分ですね。
確かに、立春の前日に豆まきをしますもんね。納得です。


今日、私たちは、夏の土用だけを土用だと思いがちですが、実は季節ごとに土用も節分もあったというわけですね。この土用の期間中は、土の気が盛んになるとされていました。そのため、土を動かしたり掘り起こしたりする行為や殺生は、土を司る神様の怒りをかい祟りがあり縁起が悪いとされました。

この神様、季節によって動かれるので、春はかまどの、夏は門の、秋は井戸の、冬は庭の土を動かすことが良くないとされました。また、この土を司る神様が天井に行き、地上にいらっしゃらなくなる日『間日』が土用の期間中、特別に設けられ、この日は土仕事をしても差し障りがないとされました。


まとめ

人々の身近なところに神様がいらっしゃって、いつも守っていただいていると感じながら、当時の人たちは生活していたんですね。古来より日本は、すべてのものには魂や霊、神様が宿っているとするアニミズム文化を大切にしていましたから、納得できますよね。

土用についていろいろと調べたり考えたりしてきましたが、遠い古の日本に想いを馳せ、遠い旅路を歩いているような気分になりました。浪漫ですねぇ。
たまには私たちの祖先がどんな風に生きてきたのか考えてみるのも、感慨深いなぁと思いました。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ