和歌山港まつり花火大会2015の穴場スポットはどこ?

和歌山県の和歌山港中ふ頭(万トンバース)で開催される「和歌山港まつり花火大会」。今年は7月20日(月)に開催されます。例年と同規模、約3,000発の花火が盛大に打ち上げられる予定です。

この花火大会は港のすぐそばで打ち上げるので、お祭りの会場で見るなら他の花火大会ではないくらい、どアップで花火を見ることができます。
でも、、どうせ見るなら良い場所で大迫力で、あるいは落ち着いて見てみたい。いろいろと考えている方も多いのでは?というわけで、、、オススメの穴場スポットをご紹介します!


Sponsored Link

オススメの穴場スポットは?

実は意外にも「穴場」を探さなくても、屋台を楽しみながら特大の花火を見ることができます。ただし、近すぎるためほぼ真上を見上げて花火を見るような形になります。お祭りはいいから、花火をゆったりと楽しみたいというのであれば、和歌山港より車で10分ほどの距離にある「高津子山」がベストスポットです。

高津子山(章魚頭姿山)


和歌山港と湾を挟んで対岸にある山で、周囲は旅館がいくつかある程度なので懐中電灯片手に少し登る必要がありますが、頂上には小さな展望台もあり、お祭りで賑わう港の様子を見通すことができます。もちろん、花火も遮るものなく眺めることができます。花火だけを楽しみたい方にはオススメです。



注意事項とか補足とか彼是

当日は会場周辺道路が交通規制されます。また、駐車場もありません!
公共交通機関をご利用ください。でも、かなり混雑が予想されます。
早め早めの行動、切符は先に買っておくなどの対応を!!


参加した人の口コミ情報①

会場へはバスが臨時で出ているほか、車や自転車でも行くことができます。ただ、港への道は一方向からしかないため、かなり混み合います。行きも帰りも早め早めに行動したほうがよいです。自転車は混むということはありませんが、近隣住民は自転車で来ることが多く、かなりの数の自転車が駐輪場に置かれています。暗くて自分の自転車が分からないということがないよう、自転車に目印になるものをつけておくほうがよいかもしれません。また、鍵のかけ忘れがないよう気をつけ、分かりやすいところに停めるようにしたほうがいいでしょう。

電車は少し遠いですが、歩くことが苦でなければ徒歩30分ほどのところに駅があります。こちらもきっぷの購入に混み合いますのであらかじめきっぷは用意しておくほうが良いと思います。

Sponsored Link


参加した人の口コミ情報②

南海和歌山市駅と和歌山港駅との間で電車があります。前に行った時は9時ごろに終わり、そのまま駅まで行くと、電車は和歌山ではありえないほどに人が溢れかえっていました。出発時間か移動手段を変えたほうがいいと思います。最後まで見ないで、ピークを迎える前に駅へ向かう。自転車か、もしくは車で行くといった方法がいいのではないかと思います。もし、電車で行くという場合は結構歩かなければいけません。私は初めて花火大会に行った時は、サンダルを履いて行って、意外と長い道のりを歩かなければならないとわかったのですが、どうしようもなく靴擦れになりました。花火を見てる間もずっと立っていて疲れがたまっていて、最後の最後でしんどい思いをしました。最後の最後までいい思い出にするためにも、できるだけ靴擦れ防止または歩きやすい靴にしたほうがいいと思います。



参考情報

開催日時 平成27年7月20日(月・祝)20:00~21:00
順延日  平成27年7月21日(火)
会場   和歌山港 中ふ頭 万トンバース(住所:和歌山市西浜)
最寄駅  南海電鉄 和歌山港駅(徒歩約10分)

公式サイト
和歌山港まつり花火大会

Walkerplus特集ページ
Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ