やわらか生活
日々の暮らしの疑問やアイデアを。
土用の丑の日

鰻だけじゃない!?土用丑の日に食べるといい食べ物とは?

昔から土用の丑の日には、頭に「う」のつく食べ物を食べて精をつけ、無病息災を祈る風習があります。中でも、鰻は有名ですよね?

梅干しや瓜、うどんや牛肉、変わったところでは馬肉なんていうのも頭に「う」がつきます。でも、探してみると他にも土用に関係した食べ物がたくさんあるんです。

今回は、一風変わった土用の食べ物について見てみましょう。


その一、土用餅

『土用餅』とは、夏の土用につく餅で、土用の入りに食べると夏バテしないと言われています。関西や北陸地方、特に、京都や金沢を中心とした風習で、お餅を小豆の餡で包んだあんころ餅を食べます。お餅は力持ち(力餅)に、小豆は厄除けに通じることから、無病息災で過ごすことができると祈願しています。

実際小豆は、糖質をエネルギーに変える作用のあるビタミンB1を含み、筋肉内に糖質が蓄積して疲労物質になることを防ぐ働きがあることから、疲労回復・肩こり・筋肉痛・怠さ・夏バテなどに効果的とされています。

昔、かがいもの葉を煮出した汁でもち米の粉を練り、丸く丸めたものを味噌汁に入れて土用の入りの日に食べ、夏バテ防止をした宮中の公家の風習がもとになっています。江戸時代中頃からは、夏の悪病災難を退け除くと、土用の入りに餅を小豆餡で包んで食べていたようです。

[ad#yawa_300x250]

その二、土用しじみ(蜆)

『土用の蜆は腹の薬』として「う」のつく食べ物が定着する前からの土用の定番として食べられていたのが蜆です。実は、この蜆。旬が夏と冬の2回あること、ご存知ですか?この夏の蜆を「土用しじみ」、冬の蜆を「寒しじみ」といいます。

蜆は、良質のたんぱく質、グリコーゲン、タウリン(アミノ酸の一種)、ビタミンが豊富です。また、「生きた肝臓薬」とも言われ、肝臓の機能回復・活性化や貧血予防、疲れ目の改善、利尿促進、免疫強化にも効果的です。特に旬の蜆は、普段より栄養価が高く、より効率よく身体に栄養を取り込むことができるんですよ。


その三、土用卵

『土用卵』とは、土用の期間中に産み落とされた卵のことで、特に精がつくといわれています。言わずもがな、卵は「完全栄養食品」であり、ビタミンCを除いたほとんどの栄養素が含まれています。中でも良質なたんぱく質が含まれ、胃腸の冷えを癒し、身体の中から温めることで免疫力を高めることができます。また、人体では生成できない8種類の必須アミノ酸を含むので、肝機能の向上にも効果的です。


まとめ

こうして見てみると、昔から人々は理に叶った食べ物をちゃんと食べていたことがわかります。身体のこと、ちゃんと考えて生活してたんですね。
今の私たちも見習わなきゃいけないかもしれませんね。今年はいつもと違う土用の食べ物を食べて健康的な身体について考えてみるのもありかもしれませんよ?