2015年隅田川花火大会開催。今年いつ?雨天順延の開催日は?

日本最古の花火大会であった「両国の花火」の流れを今に引き継いでいる『隅田川花火大会』が今年も開催されます。

Sponsored Link

今年は何日開催?会場はどこ?

2015年の隅田川花火大会は、7月25日(土)午後7:05から午後8:30まで行われます。
(荒天の場合は、7月26日(日)に順延します。)

会場は、2会場あります。
 <第一会場>
 桜橋下流から言問橋上流
 最寄り駅は、浅草駅、東武浅草駅、東京スカイツリー駅、曳舟駅です。

 <第二会場>
 駒形橋下流から厩橋上流
 最寄り駅は、浅草駅、蔵前駅、両国駅、浅草橋駅です。

往復ともに大変混雑することが見込まれますので、事前に切符を購入しておくことをお勧めします。


今年の打ち上げ玉数は?花火コンクールはあるの?

今年も多くの花火が打ち上げられる予定です。

第一会場は、コンクール玉200発を含む、約9,350発が打ち上げられる予定で、第二会場は、約10,650発が打ち上げられる予定です。合計すると、1時間半の時間になんと、約2万発の花火が夜空を彩る予定なんですね。圧巻です。

中でも、花火コンクールが今年も第一会場にて開催される予定です。両国花火ゆかりの業者さん7社と、国内の代表的な花火大会で優秀な成績をとった業者さん3社、合わせて10社がさらに会場を盛り上げてくれます。


例年の人出はどのくらい?どうやって観賞するの?

昨年は約95万人もの人出が出たという隅田川花火大会。

歴史も人気もあるだけに、本当に多くのお客様が来場されます。余程念入りに余裕を持って計画を立てて準備していかないと、予想外の展開になってしまうかもしれません。

また、隅田川花火大会は、座って観賞できる場所がほとんどなく、基本的には歩きながら見るというスタイルです。駐車スペースも特にありませんので、基本的には公共の交通機関を利用することになります。そのため、来場された方がほぼ同じような動きを同時にすることが予想され、余計に人でごった返すことになります。


予想外のトラブルを含めた様々な状況を予め考え、その対策を立て、一緒に行動する方と共通の認識にしておくことがとても大切になります。詳しい情報は公式ホームページなどで下調べをすることができるので、必ず事前に見て計画を立てましょう。

また、穴場の観賞ポイントや役立ち情報、宿泊情報や観光情報もお届けしますので、そちらも是非参考になさってくださいね。儚くも美しい夜空の花火、今年は誰とご覧になりますか?

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ