絞扼性(こうやくせい)イレウスってどんな病気?オダギリジョーさんと香椎由宇さんのお子さんの病気について

オダギリジョーさんと香椎由宇さんの次男が腸閉塞で亡くなりました。1歳の誕生日を迎えたばかりだったそうですね。可愛い盛りの時ですし、何よりも自分よりも先に我が子が亡くなるということは、親にとってはこれ以上のない辛いことだと思います。どんなにか胸が張り裂ける思いだったかと思うと、察するに余りあります。ご冥福をお祈りいたします、、。



1歳になったばかりの幼い子の命を奪ってしまったこの病気。正式名称は何と言うのか、どのような病気なのか気になったので少し調べてみました。今後、自分自身、あるいは家族も関わることもあるかもしれませんので、備忘録として残しておきたいと思います。



Sponsored Link

どんな病気?

絞扼性イレウスとは、いわゆる「腸閉塞」の一種で、イレウスというのは「腸閉塞」のことを意味しています。

腸閉塞は、何かしらの原因によって腸が正常に機能できずにふさがってしまう状態になります。本来、人間の口から入ってきた内容物は、消化されて排泄されます、しかし、これらの機能が正常に働かずに、食べた物やあるいは消化液などの流れが小腸や大腸で滞ってしまう状態のこと、つまり内容物が腸に詰まってしまった状態のことを腸閉塞と言います。そして、血管が圧迫されるなどして締め付けられ、血のめぐりが悪くなってしまう状態のことを絞扼性イレウスと言います。結果として腸の一部が腐敗してしまう状態になってしまいます。



どんな症状が出るの?

一般的に、吐き気、おう吐、腹鳴などが見られます。
また、腸閉塞の一種ですから、当然締め付けられるような感覚から激しい腹痛を伴います。

なお、腸閉塞は以下の2種類に分類されます。
 閉塞性腸閉塞・・・腸の閉塞のみが起きるタイプ
 絞扼性腸閉塞・・・血行障害を伴うタイプ

通常、命にかかわるようなことは無いとされていますが、今回のケースのように時として重症に陥るケースも有るため、もし急激な腹痛を感じるようなことがあれば、即座に診察・入院・手術をうけるのが良いでしょう。

痩せた人の場合には、おなかの外から腸が動いているような状態が見えるケースもあるようです。



何が原因で腸閉塞になるの?

原因は様々なため一概には言えませんが、主な原因として異物やがんなどで腸管が塞がったり、他の腸やあるいは腹筋の内側の部分にくっついてしまうような状態が挙げられます。このような状態の腸閉塞のことを「機械的閉塞」と言い、およそ9割の腸閉塞の原因を占めていると言われています。

また、ごく僅かながら以下のようなケースもあるとされています。
 消化の悪い食べ物を食べたとき

 食生活の乱れから腸を傷めるとき

 腸が自然にねじれ、通貨障害を起こした時

 腸の機能が衰弱し、消化物が流れていかない時
 
とったケースもあるとされています。



診察方法や予防方法は?

腹部の単純X線診断を受けることで診察を行い、どのような状態か判断した後確定されます。もしここで異常が見られないような場合には、CT検査を行った後に確定します。

主な予防策としては、食事による予防です。
便秘が原因の腸閉塞(イレウス)は死亡するリスクがあるとも言われているため、消化の悪いものをできるだけ避け、消化の良い物を多く摂るうようにしましょう。


<消化の悪いもの、控えたほうが良いもの>
油の多い料理・・・ビーフステーキ、とんかつ、からあげ、天ぷら、中華料理等
脂肪の多い肉・・・豚バラ、霜降り肉、ベーコン、ロース
脂質関係  ・・・ラード、油の多いドレッシング
お菓子類・・・揚げ菓子、生クリームを多く使ったケーキ、チョコレート、辛いお煎餅
飲料・・・お酒などのアルコールルイ、炭酸飲料、コーヒー、塩味・甘味・酸味の強いもの
野菜・・・繊維が硬い野菜(ごぼう、セロリ、わらび、ふき、れんこんなど)
豆類・・・大豆、小豆、つぶあん、おからなど
穀類・・・玄米、赤飯、ラーメン、とうもろこしなど
魚介類・・・干物、イカ、タコなど
芋類・・・さつまいも、こんにゃく、糸こんにゃくなど
海藻・・・こんぶ、わかめ、ひじきなど



参考情報

卵巣のう腫ってどんな病気なの?初期症状はどんな状態?
親子 イラスト
卵巣のう腫はどんな病気? 卵巣は、子宮の左右両側に一つずつあり、通常は直径3cm程度の大きさです。主に卵子を育てる役割をし果たしていますが、妊娠準備のために子宮を管理する2種類の

腸閉塞イレウスについて

コトバンク 絞扼性イレウスとは



Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ