やわらか生活
日々の暮らしの疑問やアイデアを。
スナップエンドウ

スナップエンドウは女性にとって強い味方?スナップエンドウの隠れた魅力とは?

春から初夏にかけて見かけることの多いスナップエンドウ。
全国各地で栽培されたり、冷凍保存も出来るため、
私たちの食卓でもとても身近な食材ですよね。

彩りや添え物など控えめに使われることの多いこのスナップエンドウ、
実は私たちにとって重要な栄養を含んでいるって知っていますか?
では、具体的にどんな栄養素を含んでいるのか見てみたいと思います。

えんどう豆 イラスト


彩りだけじゃモッタイナイ!スナップエンドウ真の実力とは!?

緑黄色野菜であるスナップエンドウの主成分はたんぱく質とでんぷんですが、
それ以外にもたくさんのビタミン類やミネラルが豊富に含まれています。

豊富なβーカロテン

例えば、活性酸素を抑制して動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病や
ガンから守ってくれるβーカロテンが豊富で、
必要に応じてビタミンAへと変化して、皮膚や粘膜の健康維持を助けたり
目の病気を予防する働きをします。

ビタミンB群

また、ビタミンB群、中でも炭水化物をエネルギーに変える時に不可欠で、
消化器の分泌を促し糖質の代謝を助け成長を促進するビタミンB1と、
たんぱく質や脂質・糖質などの代謝を助けてくれます。

皮膚や粘膜を健康に保ち、肌荒れやニキビを防ぐ美容のビタミンB2が多く、
また、集中力を高めカルシウムの吸収を促す必須アミノ酸のリジンも
多く含んでいるんですよ。

他にも、美容のビタミンと呼ばれ、コラーゲンの合成を助け、
シミ・ソバカスを予防し、肌にハリを与える効果も期待できます。

えんどう豆 イラスト


ビタミンCやカリウム、カルシウム

また、ストレス解消や免疫力を高める効果のあるビタミンCや、
体内の水分や浸透圧の調整を行い、高血圧を抑え、
筋肉や心筋活動を正常にする効果が期待されているカリウム、
骨や歯を作ったり丈夫にするだけでなく、
出血した時の血液の凝固や神経を鎮める働きをする私たち日本人が
不足しがちなカルシウムも含んでいます。

抗酸化作用やその他にもこんな効果が!

また、βーカロテンとビタミンCが含まれることから、
抗酸化作用もあります。
それ以外にも、

 ・血液の凝固に必要なビタミンK
 ・水溶性ビタミンでビタミンB群に属する葉酸
 ・糖質・脂質・たんぱく質の代謝に不可欠で、
  循環系・消化系・神経系の働きを促すナイアシン
 ・糖代謝・脂肪酸代謝において大切なパントテン酸
 ・カルシウムとの関係が密接で骨の健康維持に必要なマグネシウム
 ・カルシウムやマグネシウムと一緒に骨や歯を作ったり、
  筋肉や脳、神経などの組織に含まれるリン
 ・血液中の赤血球を作るヘモグロビンの主成分として
  酸素を身体中に運ぶ鉄
 ・免疫機能に大きな影響を及ぼす亜鉛
 ・鉄から血液中の赤血球が作られるのを助ける銅
 ・骨の形成に関わり、多くの種類の酵素の構成成分であるマンガン

などなど、私たちの身体の働きに必要な栄養素がたくさん含まれています。
こんなに優秀な食材だったなんて、調べてみて本当に驚きました。
彩りだけだなんて本当にモッタイナイですよね。

野菜 イラスト


女性に嬉しいデトックス効果も!?

スナップエンドウは、さらに食物繊維も含んでいるので、
実はデトックス効果も抜群なんです!

<参考>
スナップエンドウの具体的な調理方法はコチラの記事で
スナップエンドウはどう調理すれば良い?簡単手軽なスナップエンドウの食べ方は? 春になって温かくなってくると、お店にもいろいろな春野菜が並び始めますよね。 中でもスナップエンドウはここ最近人気が高くなっている春...

もし茹で方のポイントを知りたいという方はコチラの記事を
スナップエンドウを美味しくゆでるコツとは?じっくり?サッと?どちらが良いの? 春に旬を迎えるスナップエンドウは美味しいだけではなく、 栄養も豊富な緑黄色野菜です。 どのような栄養が含まれているのかざ...

女性にとってこんなに優秀な食材だったなんて、
積極的に取り入れたいですよね。

スナップエンドウと一緒にいろんな食材を使って、
バランスのとれたお食事を是非試してみてはいかがでしょうか?