そうめんは何が起源?唐菓子が先祖って本当?そうめんに見る日本と中国の密接な関係

そうめんの起源を辿っていくと、索餅(さくべい)を起源とする説が有力だと言われています。
索餅とは、奈良時代、仏教伝来とともに唐(中国)から伝わった唐菓子の1つ。
小麦粉、米粉を水で練って塩を混ぜ、縄状にして乾燥させたものを、食べる時にゆでて、その後味付けをして食べたとされています。

また、別の説として「索麺」を起源とする説もあります。
こちらは南北朝時代、元から禅僧の往来や貿易によって伝わったとされています。
「索」は細いすじ状のものを表すので、索麺は、細長い麺という意味になります。
では、現在の「素麺(そうめん)」となるまでの歴史を「索餅」が日本に伝わった頃から紐解いてみましょう。


Sponsored Link

唐菓子「索餅」が「素麺」になるまで

素麺発祥の地は、日本国内では奈良県桜井市とされています。
そうめんの祖の一説とされている索餅の最古の記録は、長屋王(天武天皇の孫)邸宅跡(奈良市)から出土された木簡(文字を墨で書く短冊状の木の板)です。

索餅の原形は、もち米と小麦粉を細長く練り、2本を縄状により合わせて油で揚げたものとされています。
現在でも、唐菓子の索餅は、神社や神棚にお供えする供物の「神饌」として用いられています。

また、その後の記録では、平安時代中期に編纂され律令の施行細則が記された『延喜式』に、材料や分量、道具が詳しく書かれています。
そこには、索餅は、小麦粉、米粉(混ぜない説もあります。)に塩を加えて作る麺と書かれていますが、形状は不明です。


そうめんの誕生はいつ頃?

さらに時代を巻き戻してみると、南北朝時代の祇園社の記録である『祇園執行記録』の康永2年7月7日の条に、索餅、索麺、素麺の表記があり、そうめんが文献上初めて出てきた記録になります。(南北朝時代の「異制定訓往来」が「素麺」の初出とする説もあります。)
そして、いよいよ室町時代になると、それまで索餅・索麺・素麺と3つの名称が混在していたのが、「素麺」で定着します。
この当時の素麺の食べ方は、ゆでて洗ってから蒸して温める食べ方が主流で、「蒸麦」「熱蒸」と呼ばれました。
ちなみに、宮廷の女房詞で素麺は、「ぞろ」と呼ばれたようです。

このように見てくると、中国から伝わった索餅をもとに日本独自の進化を遂げた結果、現在のそうめんが誕生したことがわかりますね。
しかも、古くから文献として残っているということは、いかに当時の人々にとって大切なものであったかがわかりますよね。


その他のそうめんの歴史と風習

そうめんの歴史はまだあります。
平安時代には、七夕に索餅を食べると病(マラリア性の熱病)にかからないという中国の故事に倣って、宮廷の七夕行事に索餅が取り入れられました。
また、江戸時代には、七夕にそうめんをお供えものにする風習が広がりました。
これは、そうめんを糸に見立てて裁縫の上達を祈願したとされています。


まとめ

今回、初めてそうめんの歴史に触れてみることで、その起源が中国から伝わっていると知り、中国は遠いようでとても近く同じアジアの仲間なんだなとより強く意識しました。
日本の歴史は中国なくして語ることはできず、日本にとって中国は、言わばお兄さんの様な存在だなと感じました。

日本が中国になかなか受け入れて頂けない様子がニュースなどで報道されています。
元は同じ兄弟のようなもの。早く元通りの仲良しになれたらいいのになと思いました。


【参考情報】
意外と知らない流しそうめんの世界~歴史や最長記録、最速記録をご紹介~
流しそうめん イラスト
夏の風物詩である『流しそうめん』って知っていますか? 実際に、流しそうめんをしたことがある方はどのくらいいるのでしょう?(ちなみに、私はまだ未経験です。) そもそも流しそう

◯◯そうめんといえば?日本三大銘菓のそうめんって何?中国のそうめんってどんなそうめん?
イカそうめん イラスト
名前に「そうめん」とつく食べ物といえば、何を思い浮かべますか? イカそうめん、練り製品の魚素麺、郷土料理の鯛そうめんなどが有名でしょうか。 また、創作料理などで、◯◯そうめ

日本だけじゃない!?海外のそうめん文化~中国、韓国、台湾はどんなそうめん?~
麺 イラスト
日本独自の食文化だと思いがちな『そうめん』。実は似たような食文化が海外にもあるって知っていますか? 調べてみると、日本と古くから関係の深い東アジアには、『そうめん』の食文化がある
Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ