梅雨は英語で何て言うの?正しい表現を理解して外国人の方に説明できるようにしよう!

英語でいろんなコミュニケーションができれば外国人の方との対応にも困りませんよね?梅雨の時期に海外から来た人は、「it rain! it rain!」みたいに叫んでいるでしょう。そっと「それは梅雨ですよ」のような英語を返したいものです。

Sponsored Link

英語では梅雨のことをなんて言う?

英語に直せば

 「the rainy season」

になります。もしくは、

 「the wet season」

を用います。wetは日本語で濡れている、じめじめした、みたいな意味合いもあり、the wet seasonの方を使えば、より感情が伝わりやすいかもしれません。

また、梅雨が過ぎて快晴な空模様の時は

「The rainy season is over, isn’t it?」

みたいに梅雨が明けましたね、のような会話ができればなおカッコいいかもしれません。
ついでに、梅雨前線のことを

「a seasonal rain front」

のようにいいます。他にも梅雨入りは

「the beginning of the rainy season」

になります。天気予報をチェックしていて、目にするかもしれないため、暇があれば英語表記にしてみてください。
例えば、クラスや会社の中にアメリカ人がいれば、梅雨入りを知らせてあげるのもまたやさしさです。

梅雨 イラスト



梅雨に関するマメ知識

普通は春の終り頃にかけてやってきますが、春の最中にも梅雨はきます。
「菜種梅雨」にして呼ばれている現象で、曇りの日が続き、天気のぐずついた状態になります。
たまにしか起きない現象のため、通り雨に間違う場合もあるようです。

最近は温暖化により梅雨の境界線がよく分からなくなっています。
また、走り梅雨の名称もあるようで、5月の卯の花が咲く頃に走ったような、先駆けの雨が続きます。
雨の勢いできれいな白色の花が枯れ果てるのです。

この2つの特徴的な梅雨は、本州の南岸沿いや太平洋側近くに起こる異常現象です。他の国ではあまりみかけないタイプの雨かもしれません。
おまけに、ヨーロッパは梅雨みたいな季節的な雨がなく、その代り、偏西風の影響で国によって雨が続く地域、そうでない地域があるそうです。
ちなみに梅雨をフランス語では、

「Saison des pluies」

と言います。


まとめ

梅雨はいろんな使われ方をして、日本人が知らない範囲でも梅雨が頻繁に使われています。特に日本では意識すらしなくなった梅雨ですが、逆に海外では日本の珍しい気象の変化に気づいているようです。中国でもひとくくりに梅雨が使われるため、広辞苑の意味もちかいうちに改正されるのではないでしょうか。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ