花粉症対策でオススメの市販薬はある?病院に行く時間がない人にオススメする市販薬ベスト3!

花粉症対策の内服薬としてよく用いられるのは、

 「抗ヒスタミン剤」や「抗アレルギー剤」

ですよね。

花粉アレルギーによる鼻のムズムズやくしゃみ等の炎症を抑え、
鼻づまりを抑える作用を持っています。

かつては「くしゃみ・鼻水」に効くもの、
「鼻づまり解消」に効くものには違いがありましたが、
現在では1種類を服用するだけで花粉症の様々な炎症を鎮める効果を持った
作用の強い市販薬も販売されるようになりました。
ここでは、代表的な市販薬を紹介します。


Sponsored Link

【アレグラFX】(久光製薬)

アレルギー鼻炎用の内服薬。
花粉症の他、ハウスダストアレルギー等にも使用されます。

処方薬とほぼ同じ成分が使用されており、
市販薬の中では高い効果を持つと言われている薬です。

また抗アレルギー剤に付き物の「眠気を伴う」という副作用が
ほとんど無いというのもメリットの一つとして挙げられます。
ただし!定期的かつ継続した服用が必要であり、
特に服用時間が守られないと効果があらわれにくいとも言われています。


【スカイナーAL】(エーザイ)

花粉等の鼻炎対策の他、アレルギーによる蕁麻疹等にも用いられる薬です。
花粉症で肌・喉などの痒みが生じやすい人にも向いています。
処方薬とほぼ同じ成分が使用されていますが、1日2回の服用が必要です。

くしゃみ・鼻水に加え、鼻づまり(鼻が塞がった感覚)にも作用する効果が期待できます。
反面、アレグラ等に比べるとやや眠気が出やすいので、その点には注意が必要です。


【ストナリニS】(佐藤製薬)

鼻炎用の薬ですが、鼻水・くしゃみに対しての効果は上の2つに比べると少々弱め。
その分副作用が穏やかで、
アレルギー鼻炎薬に多い「口の渇き」「眠気」という副作用が少なく、
日中にも服用しやすいというのがメリットです。

またカフェインが配合されていないため、
胃が弱い人や薬で胃腸が荒れやすい人、体調が弱っている時にも
飲みやすいという利点もあります。


市販薬を買う時には薬剤師さんに相談を!

市販薬は処方箋が無くても買えるため、
病院に行く時間が無い人でも手軽に花粉対策が取れることが
何と言っても嬉しい点ですよね。

また最近では処方薬とほぼ同一の成分を持った
高い効果を持つ市販薬も多数現れており、
効果的な作用が期待できます。

しかし、、、成分が強くなるということは、
その分、副作用が生じる恐れもあることを意味しますよね。

ですので、購入の際には、
自分の体質や現在飲んでいる薬等を薬剤師さんに伝えた上で
薬を購入するようにしましょう。
相談しないで買う前に、まずは相談です。


  • 花粉症の記事一覧
  • Sponsored Link
    data-ad-format="rectangle">

    Sponsored Link

    Sponsored Link

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ