花粉症の症状を軽減してくれる食べ物にはどんなものがあるの?

~花粉症に苦しんだHさんの体験談~

Sponsored Link

花粉症の症状を抑える働きのある食べ物

花粉症の症状を抑える働きがある食べ物の話はよく聞きますが、毎日食べ続けるとなると色々な工夫をしなくてはいけないと思います。
乳酸菌などアレルギー症状を抑える効果のある物質が入った食べ物で、調理せずにそのまま食べられるものと、調理が必要なものを分けて考えると、メニューも考えやすくなります。

調理せずに食べられるものと言えば、キムチ、ヨーグルト、チーズなどが代表的です。そういった食べ物を冷蔵庫のストックとして置いておくと、調理する時間がないときに食べられます。

花粉症に良いといわれるれんこん

調理する食材で花粉症に良いと言われている代表的なものは、れんこんです。れんこんを使った料理で煮物以外は、作るのが大変なレシピが多いです。なので、時間のある時に作り置きしておきましょう。れんこんをすりおろしたものにひき肉を合わせて塩コショウ等で味付けし、ハンバーグやつみれのようにして形を整え、加熱してから冷凍保存しておくと便利です。

れんこんは生のものを購入すると、硬くて切るのが大変なので、すりおろして使うのが一番使いやすい方法です。
生のれんこんは、スーパーによってはいつも置いているとは限らない店もあるので、パックされたれんこんの水煮もストックとして買っておくと、煮物や天ぷらなどのメニューの日に利用できます。水煮は切らなくてもいいようにスライスされているものがお薦めです。

ポリフェノールを簡単に摂れる食べ物や飲み物

他にも花粉症に良いとされているポリフェノールを簡単に摂れる食べ物や飲み物があります。ポリフェノールが含まれている食べ物の中で、とても簡単にとれるのが、赤シソで作られたふりかけ「ゆかり」です。ごはんにかけるだけというのは魅力的です。しかも醤油などをベースとした和風に味付けされたパスタにもよく合います。

ポリフェノールは、コーヒー、紅茶、緑茶にも含まれているので、ティータイムやブレイクタイムに気軽に摂取できます。チョコレートにも多く含まれているので、おやつはチョコレートを使ったスイーツを選べば、3度の食事以外でポリフェノールが摂れます。

こういった花粉症の症状を抑える食べ物を、一つに食べ物に偏らずに、複数の食べ物から摂るようにすれば、毎日続けやすくなります。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ