中耳炎ってどんな病気?ウイルス性の病気なの?

中耳炎ってどんな病気?

中耳炎とは 中耳炎は、「中耳」の部分に細菌やウイルスなどが感染して炎症を起こす病気です。耳の中に膿がたまって、時には耳の痛みや発熱、難聴などを起こすケースもある病気なんです。中耳炎になる一番の原因は風邪です。風邪を引いたときにくしゃみや咳をしますが、鼻は耳に繋がっているので、鼻から耳へ鼻水と一緒に細菌やウイルスが流れてしまうことがあるのです。




そもそも中耳って何?耳ってどんな構造?

耳は外側から、外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)という3つの区画に分かれており、その真ん中の区画のことを言います。この中耳での病気なので、中耳炎という名称の病気なんです。なお、「外耳」で炎症が起こると、「外耳炎」となります。


中耳炎は大人も子供もかかりますが、特に乳幼児に多くみられます。その理由としては、成長途中の乳幼児は耳管(じかん)が未発達のため(十分な長さがなく、角度も水平に近いため)、細菌やウイルスなどが侵入しやすく、風邪などで鼻や喉の炎症を起こした際に併発しやすいとされているからです。

ちなみに耳管とは、鼻から入ってきた空気が出入りできるように、中耳と喉の奥をつないでいる器官のことを言います。中耳内の内圧を調整していますが、耳管は鼻に通じているため、ウイルスや細菌などの侵入ルートになってしまうのです。


中耳炎にかかりやすいのはどんな人?

中耳炎とは 中耳炎は、誰にでも起こる可能性があります。特に、赤ちゃんや子供は起こりやすく、5~6歳までに、8割程度がかかるそうです。

赤ちゃんは大人に比べて中耳炎になりやすいのは、耳と鼻をつなげている耳管といわれるが部分が、赤ちゃんは太く短いので、鼻にある細菌が耳に届きやすいためです。小学生になる頃には、耳管が発達して、中耳炎にかかることが少なくなります。




中耳炎は1種類だけ?分類できるの?

中耳炎は、大きく3に分類できます。

【急性中耳炎】

ごくごく一般的な中耳炎です。子供に多く見られます。

 原因・・・細菌やウイルスが中耳に入り、急性の炎症を起こす。
 症状・・・耳痛と発熱、鼓膜の腫れ、耳だれなど。通常は、数日~10日程で治る。

風邪などの感染症を原因として、細菌やウイルスが侵入して起こります。耳痛、難聴、耳閉感(じへいかん:耳が詰まったような感じで、音がこもって聞こえたりします)、耳鳴(じめい:耳鳴り)、発熱、耳漏(じろう:耳たれ)などの症状がみられます。

急性中耳炎の場合、早期発見で比較的早く治すことが出来ますが、鼻をまだよくかめない子どもの場合は長引くこともあります。なかなか治らず、何度も急性中耳炎を繰り返し引き起こす、「反復性中耳炎」になるケースもあるので、症状が3ヶ月くらい経っても改善されない場合には、改めてお医者さんに診察してもらいましょう。


【滲出性中耳炎】

子供や高齢者に多く見られます。

 原因・・・中耳の鼓室に、しん出液がたまる病気。
      軽いものは1ヵ月ほどで治るが、完治まで数年かかるケースもある。
 症状・・・耳痛や発熱などの症状はなく、多くの場合、難聴が起こる。

中耳に浸出液(炎症などが原因で周囲の組織からしみ出した液体)が溜まったままにった状態の症状を言います。急性中耳炎のような痛みや発熱、耳漏などの自覚症状がないのが特徴で、病気に気付きにくく、知らない内に悪化していることもあります。急性中耳炎と同様に、鼻をまだよくかむことの出来ない子どもに多くみられます。

乳幼児が中耳炎にかかった場合、耳痛などの不快感を訴えることはとても難しいです。乳児の場合は症状を訴えることができないからです。初発熱の他、理由なく泣いたり、不機嫌になったり、耳をさわったり、食欲不振になることがあったら要注意です。よく見ておくようにしましょう。


中耳炎とは

【慢性中耳炎】

 原因・・・急性中耳炎やしん出性中耳炎が治らず、炎症が慢性化した状態。
 症状・・・耳から膿が出る。難聴などの症状を起こす場合はある。

「肉芽(にくげ)」呼ばれる、肉が盛りあがりこぶのような固まりができることがあります。また、鼓膜に穴があき治らない状態、鼓膜が中耳の壁にくっついてしまう状態になることもあります。


乳幼児が中耳炎にかかった場合、耳痛などの不快感を訴えることはとても難しいものがあります。初期の中耳炎の場合は発熱を伴わない場合もありますので、鼻水が出ていること以外に機嫌が悪い、泣くなど、いつもと違う症状が見受けられた場合には、早めに耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ