花粉症にヨーグルトは効く?

~花粉症に苦しんだHさんの体験談~

Sponsored Link

花粉症って、辛い!

もはや、この辛さは日本では当たり前の光景になってきました。
特に春のスギ・ヒノキ花粉に対する症状の人は多く、この辛さを分かち合うことで共通の話題が増え、コミュニケーションが時に円滑になるほど。
しかし、そんなのん気なことを言っている場合ではありません!

毎年の症状がひどい方は、本格的に花粉が飛散しはじめる前に、医師による処方薬を服用することで本来よりも出るべき症状が楽になると言われています。
毎回辛い方は、事前に病院に行っておくと良いですね。

ただ、体質改善して花粉なんか痛くもかゆくもない!という体になるのが理想ですが、処方薬をもってしても、そう簡単に花粉症が改善するわけではありません。

腸内環境がアレルギーの秘密の鍵?

症状が出てから、ヨーグルトを試した方はいませんか?

民間療法として、話題をさらったこともあるヨーグルトですが、腸内環境と免疫力の関係を研究する動きがあるため、有効性が現実味を帯びてきました。
しかし、食べているからといって症状が楽になるとは限りません。少なくとも私は、効果を感じませんでした。

腸内環境がアレルギーの秘密の鍵を握っているらしいということは分かっていますが、なぜ日本人にここまで花粉症が多いのか、
原因やメカニズムは、まだまだ研究・調査段階なのです。

スギの木が多すぎる、大気汚染物質、食品添加物摂取量の増加、サナダムシ絶滅など…様々な推測があります。
花粉症の症状が出ているとき、鼻水や目のかゆみなどの他に、くしゃみ、せき、怠い、発熱などの風邪に似た症状が出る方もいると思います。

花粉症はマスク・ゴーグルで上手にコントロール

なぜかというと、それは「免疫」が頑張っているからです。
花粉をウイルスなどと勘違いし、体が拒否反応を示すため、熱やくしゃみで身体から排除しようとするのです。

もし、本当にウイルスが入ってきたら、同じように免疫にやっつけてもらわないと、身体が負けてしまいます。
花粉症とは、身体が自分を必死に守ろうとする働きでもあるのです。

冒頭に書いたように、薬を飲んでもなかなか治らないというのも、当然かもしれません。
症状そのものは、本来身体を守る働きなのですから…。

辛い症状を服薬やマスク・ゴーグルで上手にコントロールしながら、ヨーグルトにこだわらず、健康を維持するという大きなくくりで体調管理をしながら付き合っていくしかないということなんですね。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ