おたふく風邪には合併症はあるの?合併症の難聴の原因、症状、治療について

おたふく風邪の合併症である難聴の原因は、ウイルスが聴神経に悪い影響を与えて、難聴を引き起こしてしまうというものです。

具体的に、おたふく風邪のウイルスが聴覚にどのような悪い影響を起こしているのか?はっきりとしたデータが出てないというのが現状です。

おたふく風邪の合併症として難聴になるケースは極めて少なく、一説には20000人に1人の確率だと言われています。しかし、自分の子供がおたふく風邪から難聴にならないという可能性はゼロではないので、気をつけるべきだと思います。


■難聴の症状について

おたふく風邪の合併症で難聴になると、片方の耳は聞こえるのに、もう片方の耳が聞こえなくなるというケースが非常に多いのです。

両方の耳が聞こえなければ、子供自身や親も難聴に気付けますが、片方だけだと、何かつまっているだけかもしれない?もしくは、子供が親に耳が聞こえないことを伝えないかもしれません。

だから、合併症で難聴になっていることに気付かない可能性もあるので、親が気付けるように配慮してあげましょう。右の耳、左の耳の近くで物音を立てたり、声を発したりして、その反応を見えることで、子供が難聴になっているのかチェックすることができます。


■難聴の治療について

おたふく風邪の合併症の難聴を治療するためには、専門医の診察を少しでもはやく受けることが肝心です。子供の耳が聞こえているかチェックしてみて、少しでも難聴の疑いがあれば、すぐにかかりつけの医師に相談してみましょう。

特に乳幼児の難聴には早急な対処が必要です。なぜなら、乳幼児の難聴をそのままにしておくと、言語の発達が遅れてしまうという取り返しのつかない致命的な事態となってしまうからです。

乳幼児の難聴を見極めるのは母親でも難しいことですが、耳元で音をたてたり、声をかけたりして、何も反応が無ければ、難聴の可能性はゼロではなくなるので、念のため、専門医の診察を早期に受けておきましょう。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ