みなとこうべ海上花火大会2015の穴場はここ!

今年も神戸の夜景を彩るみなとこうべ海上花火大会が開催されます。今年も約1万発もの花火が打ち上げられる予定です。お天気も良さそうなので楽しみですね。


では、早速ですが、みなとこうべ海上花火大会の穴場鑑賞スポットを見て行きましょう!



Sponsored Link

穴場1 ポートアイランド北公園

ここはポーアイしおさい公園より少し北側に位置する公園です。飲食店のブースもあるので、お祭りの雰囲気も楽しみながら花火大会を楽しむことができます。あまり広くはないので早め行かないと場所が取れませんが、雰囲気的にも良いのでオススメです。


穴場2 ポーアイしおさい公園



こちらの公園も打ち上げ会場からは若干離れています。でも、芝生もありますし、ベンチもあるので早めに行けば良い場所を確保できて、落ち着いて見ることができるでしょう。神戸の美しい夜景も見ることができますし、あとは無料のシャトルバスが出ているというのもオススメの理由です。

夏の風物詩である花火大会ですが、会場によってはバスも車もNGなんてところもあるので、そうした会場と比べてもここは良いですよ!




穴場3 六甲山展望台



眼下には神戸の夜景が広がります。山頂の展望台から見る花火は格別なものがあります。距離が離れているのでさすがに仕掛花火は見えませんが、打ち上げ花火であれば問題ありません。夜景も楽しみながら花火も楽しみたい人にはオススメです。



穴場4 神戸港第二突堤



神戸港第二突堤は屋台が出ていない分、人通りもいくらか少ない印象です。飲食物は予め購入しておかないと辛いものが有りますが、ゆっくり見たい方にはオススメです。

なお、突堤は他にも第一、第三もあるので、第二以外の場所も念のためチェックしておきましょう。



穴場5 飾磨港の打ち上げ場所と対面した海岸

飾磨港の打ち上げ場所と対面した海岸が穴場スポットです。

車のみで行く事ができる穴場スポットになりますが、あかねの湯の前の交差点を南に下り、海の方へ走っていくと途中に関西電力の大きな鉄塔があります。

その少し南に陸橋があり、その陸橋を越えずに右側へ高架下を通る感じで道なりに進むと工場地帯に入ります。そのまままっすぐ進むと海岸に出ますが、海岸に出るまでの一つ目の曲がり角を右へ入ります。そうすると、関西電力の敷地が囲われている柵の辺りに車を止める場所があり、海岸ギリギリよりかはゆっくり見る事ができます。

あと、すごく近くに見えるので少し見上げる感じにはなりますが、近距離で見れるので花火と音の臨場感がたまりません。



参考情報

公式サイト

Walkerplus特集ページ

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ