やわらか生活
日々の暮らしの疑問やアイデアを。
梅雨

梅雨ってどんな意味があるの?海外には梅雨はある?梅雨の意味について解説します!

「梅雨ってそもそもどういう雨だろう…」

こののように考えた経験はないでしょうか?
テレビの天気予報でも、「梅雨の時期のため、傘を持ち歩くようにしてください」みたいな注意をよく聞きます。
この記事ではそんな梅雨の意味について解説していきたいと思います。


梅雨の意味って

梅雨の読み方は大きく分けて、

  「つゆ」

  「ばいう」

の2つに分かれます。語尾に何もつけず使う時は大抵「つゆ」の方を使うでしょう。日本はこの雨を社会において使いやすくするため「梅雨」を使うのです。
しかし、どの時期にも梅雨を使って良いわけではありません。その理由に秋の雨を秋雨にしていいますね。主に梅雨は6月の雨を総称して呼びます。


7月も梅雨なのか?

毎年梅雨の時期は若干違いますが、体感からも「今年は何か違うなあ…」みたいなことを思うでしょう。
例えば、1年間で特に雨の多い時期を雨期といいますが、春から夏に入る前、秋から冬に入る前のつまりこの時期が梅雨、秋雨に当たるのです。
実は「何か季節の変わり目に雨が多くない?」みたいな感想は正しく、7月も梅雨に入る可能性は大いにあります。

親子 イラスト


梅雨は文化だ

テレビの天気予報で「梅雨」のような言葉を聞いたりしていれば、「梅の雨か?」、など少しぼけたくなりませんか?正直な話、言葉が曖昧すぎて何を言っているのか、私たちが悩まされる時でさえあります。
そもそも、日本や一部のアジア地域にしか降らない雨が、小さな出来事のように感じます。だまされている気分になったり、腹立たしく感じた経験が少なからずあるでしょう。


中国語でも梅雨が

日本語は世界でも共通する言語になりつつあり、言葉の意味は広くなっています。梅雨が日本以外でも使われている言葉なのは知っていましたか?そもそも、アジア一帯に起こる気象現象だった、などの事実を知っている人は少ないでしょう。
中には「梅雨は日本の雨だ」、のような考え方をしている人もいるのです。逆に中国でも「梅雨はわが国の雨だ」のように考えているのかもしれません。

こども 傘 イラスト

花の名前にも

花にも夏を知らせてくれる雨期があります。それは梅雨の風物詩であるアジサイです。青や紫色に染まりきれいな景色になりますね。
花言葉にも「移り目」を表す言葉があるくらいです。それだけ日本は梅雨における物事を大切に考えてきたんでしょう。


まとめ

梅雨について考えればいろんな妄想が浮かんできます。「雨はいつまで続くんだろう?」、なんて傘を差しながら公園のベンチに座って、たそがれたりしませんか?雨が似合う男に憧れて、わざわざ雨の日に出かけてしまう自分もいるものです。気付けば梅雨が過ぎていた、なんていう日もあるかもしれませんね。