ご祝儀袋の書き方。金額の正しい書き方は?表書き、中包みはどうやって書く?

大切な人の結婚式。出席することも決まり、いざご祝儀を用意するタイミングになって気になるのが、「書き方」です。表書き、中包みにはどう書くのが正解なのかわからず、筆が止まってしまった方も多いのではないでしょうか?

そこで、ご祝儀の金額の書き方について、表書き、中包み、金額に関するタブーをご紹介したいと思います。


Sponsored Link

ご祝儀の金額と書き方 ~表書き~


金額を決める

まずはご祝儀の金額を決めます。金額について悩まられる方も多いと思いますが、まだ決まっていない方はこちらの記事を参考に決めてくださいね。

結婚式 イラスト
大切な友人、知人の結婚式。幸せな瞬間に立ち会うと自分自身も幸せを貰えますし、相手の方にも幸せになって欲しいと心から願うものですよね。 でも、出席するときに悩むのが、ご祝儀です


名前を書く

ご祝儀の金額を決めたら、次はご祝儀袋にお金を入れて名前を書きます。結婚をお祝いする場合には、一般的にご祝儀袋には、

  表書き・・・「寿」または「お祝い」

と書きます。


最近ですと、ご祝儀袋には帯がありますが、その帯に予め「寿」や「お祝い」といった字が印刷されている場合があります。このようなご祝儀袋の場合には、ただ単にお金を差し込むだけの手軽なものとなります。この「既に文字が印刷されている」点を気にされる方も多くいらっしゃいますが、決して失礼に当たるということはありませんので、抵抗がない方や例えば手書きの文字に自信が無い方はこういったご祝儀袋を使ってしまっても良いでしょう。


ご祝儀袋のランク

一言にご祝儀袋と言っても、金額や品質も様々です。最近では100円ショップでもご祝儀袋が売られている便利な世の中になりましたね。ただ、分かる方には分かってしまいますし、自分が大切だと考えている方に対してどの程度のご祝儀袋を使うのか、、、といったことを考えるとなやしいものもあるかと思います。

このため、やはり相手の方に合わせて選びつつ、また、ご祝儀の金額によって使い分けるのが良いでしょう。ご祝儀の金額が多いのに、ご祝儀袋は100円ショップというのもちょっとアンバランスですしね。。目安として、例えば2万円くらいまでなら、シンプルな祝儀袋を選び、それ以上の場合にはある程度見栄えのするご祝儀袋を選びましょう。


水引がついたご祝儀袋を選ぶ

なお、ご祝儀袋には数種類あります。一般的に結婚式のときには、「結びきり」という水引がついたご祝儀袋を使います。これは赤、白、金、銀などで作られており、「一度結ぶとほどけない」という意味が込められています。


名前の書き方

名前ですが、必ずフルネームで書くようにしましょう。また、以前ですと左側に寄せて書く形式が正式とされていましたが、最近では中央に書く形式が一般的なものとなっています。


連名で書くとき

また、夫婦で出席する場合には、連名で書く形になりますが、その場合には、夫の名前を中央にフルネームで書き、そのすぐ左の横に妻の名前だけを少し下げて書きます。(妻は名前のみ書き、苗字は省略します)

2~3人ぐらいの仲間を連名で書く場合には、一番右側に目上の人の名前を書きます。4人以上になる場合は表書きには代表者1名の方のフルネームのみを書きます。そしてその左側に「他一同」と書きます。残りの方の氏名については、別紙に書くなどしてご祝儀袋の中に入れるようにしましょう。人によっては、メッセージを寄せて、その中に氏名を書くというやり方をされているケースもあるようですね。参考にしてみてください。


Sponsored Link



祝儀の金額と書き方~中包み

表書きが終わったら次は中包みです。中包に関しては、実は様々です。と言うのも、ご祝儀の金額によっても変わりますし、また、ご祝儀袋が変わると中に封筒が入っているケースもあれば、お札を包む紙だけが入っている場合もあるなど様々に異なっているからです。しかし共通しているのが、この封筒などお札を入れる中包みです。

封筒型の場合と数字の書き方

封筒型になっている場合に、金額を書く欄がもしあれば、そこに金額を書きます。旧字体でご祝儀の金額を書くのが正式なものになります。
 円 ⇒ 圓
 万 ⇒ 萬
 一 ⇒ 壱
 二 ⇒ 弐
 三 ⇒ 参
 五 ⇒ 伍
 七 ⇒ 七
 九 ⇒ 九
 十 ⇒ 壱拾

 ※通常は使わないであろう
  「四」やその他数字は
   省略しています。

祝儀の金額とタブー

ご存知のかたも多いかもしれませんが、冠婚葬祭ではご祝儀だけでなく、一般的にいくつかのマナーやご法度があります。これは特に結婚などのお祝いごとの際には縁起が悪いとされていることは絶対にしないように気をつけなければなりません。

まず結婚のご祝儀には必ず新札を使います。使用済みのお札だと「使い古した」「枯れた」などのマイナスの意味も含まれてしまうため避けます。

また、ご祝儀の金額では偶数の金額、例えば4万円、6万円という金額がタブーとされています。これは、偶数が「割れる」ためで、このことから「仲が割れる」といった意味に転じるためです。夫婦揃って招待された場合には2人分の金額を包むことになると思いますので、この際には特に偶数にならないように気をつけましょう。ただし、同じ偶数でも夫婦で出席する場合によく用いられるご祝儀の金額が10万円です。

また、2万円は偶数ですが、「2=ダブル=ペア」を連想させる数字であるため、偶数でもタブーとされていないことが多い数字です。とは言え、夫婦で招待されて出席するのに、2万円は少ないですし、二人だからといって倍の4万円というのもよろしくありません。


「四」は「し」とも読み、これが文字通り「し」を想像してしまうからです。1人2万円とするのではなく自分と相手の関係やつきあいの深さも考えた上で3万円もしくは5万円にしましょう。また、相手の好みなどがわかっている要な場合には、3万円と他に何か結婚の祝いの品を贈るのも良いでしょう。

もともと結婚祝いには何かしらの品物を贈るのが慣わしでしたので、友人や親しい人へのお祝いの場合には、ご祝儀の金額を少なくしてお祝いの品物をプラスすれば良いでしょう。なお、ご祝儀の金額そのものも大切ではありますが、お札も大事であることをお忘れなく。


住所は書く?

また、横書きに書く場所がある場合には数字で書いてしまって構いません。また、金額のほかに、ご祝儀を出す人の名前と住所を書きます。この際、郵便番号もしっかり書いておくと良いでしょう。と言うのも、結婚後「結婚しました」と新郎新婦が新住所を知らせる場合に、ご祝儀袋に書かれた住所を見て書くことが多いからです。もちろん受付票に記入された住所、既に知っている場合もあると思いますが、何も書かないよりはこうしたことも想定して書いておくのが良いでしょう。

なお、封筒型の場合には、のりしろがあります。もしのりしろが中央にある場合は、中央ののりしろの右に住所、左側に名前をフルネームで書くようにします。ご祝儀の金額は封筒の表側の中央に書きます。旧字体の場合は「金 参萬円」という感じです。


何で書く?

使う筆記具は毛筆が正式なものとなります。ボールペンや万年筆は使わないようにしましょう。また、お祝い事の場合は濃い墨が基本です。薄いのはお葬式などですね。ですので、太い線でしっかりとした字を書くようにしましょう。

人によっては毛筆はちょっと・・・という方もいるかと思います。その場合には筆ペンで問題ありません。また、不安な方は予めパソコンなどで毛筆書体で名前を印刷しておき、印刷したものを参考にして名前を書くと良いでしょう。お手本があると文字も整えやすくなります。なお、封筒型以外の包む形の場合にも書き方は同様です。表側にご祝儀の金額を書き、裏側左下には住所と名前を書くようにしましょう。



まとめ

いかがでしたか?
知らずに過ごしてしまうと、実は相手に対してとても失礼に値するなんてこともあるかもしれません。今回ご紹介したルールをしっかり抑えて、結婚式当日に備えてくださいね。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ