梅雨の季節に気をつけたい体調管理。原因は何?対策方法はあるの?

寒い冬の季節にかぎらず、また夏の風邪とも異なり、ジメジメした梅雨の時期でも体調を崩しやすくなりますよね。特に、季節の変わりめというのは気温の変化により、体が対応しきれなくなり、熱が出たり風邪をひいたりしやすくなるものです。

では梅雨時にどのような症状が出たり、またどのように気をつければよいのか纏めてみました。


Sponsored Link

アレルギーによるぜんそくや気管支炎

雨も多くなり、湿気が多くなればカビやダニが発生しやすくなります。そのため、室内の環境が悪くなり、アレルギー症状を起こしてしまうのです。ホコリなどによるせきや発作ではなく、カビの菌による症状のため悪化したり、長引いたりします。
いわゆる、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症に似ていて、湿気が多くなれば、発作を起こすようなカビがあらわれ、一度吸い込んでしまえば、喉がおかしい、みたいな状態になってしまいます。

そのため、カビやダニを増殖させないため、室内の湿気をとってあげる対処がいります。また、もし喉が腫れ、ぜんそくぎみになってしまった場合は、すぐに病院にかかるようにしてください。そうしなければ、症状が悪化するおそれがあります。

女の子 カッパ イラスト


熱や風邪をひいてしまう

梅雨の時期でも、発熱したり、風邪になって、寒気をもよおす場合があります。アレルギー症状においても体がだるくなったり、けんたい感がしたりも考えられます。さらに発熱のような症状になれば別に原因があるかもしれません。
例えば、気圧の変化で気温が上がれば、体内も熱を発して気温の変化に対応します。梅雨場に呼吸がしずらくなるのは、気圧がさがるせいで、空気をたくさん吸う働きが加わり、発熱しやすくなるそうです。

そのため、空気がジメジメしていれば、熱の心配が避けられないのです。対策には薬を事前に買っておいたり、早寝早起きをしたり体調管理を徹底しておくべきでしょう。
体調管理の方法は生活習慣を正す他にも、運動をしたり、体温調整を怠らない、などがあります。間違う人も多いですが、とくに梅雨だからすべき項目なのです。


食中毒には注意する

もちろん梅雨はいろんな菌が急激に増えます。そのため、食中毒になる危険性が必ずあるのです。対策はとにかく清潔を保つ方法以外ありません。
菌は常温を好むため、食品や食材を出しっぱなしにしないよう心掛ければ大丈夫です。他にも、冷凍食品も一緒で解凍はすばやくし、菌の繁殖を手伝わないよう気をつけるべきです。
そのため、梅雨の時期の料理は作り置きはなるべく避け、食らべれる量だけ作ったり、食べたりしなければいけません。

男の子 カッパ イラスト


まとめ

体調管理は大変ですが、梅雨など気をつけるべき時期は意識したいです。よく冬には強いけど、夏場に弱い人もいますが、そういった人はとくに衛生管理や生活習慣など注意すべきでしょう。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ