やわらか生活
日々の暮らしの疑問やアイデアを。
母の日・父の日

父の日に贈りたい花ギフトのオススメはこれ!

父の日は毎年6月の第3日曜日です。

尊敬するお父さんに敬意と感謝の気持ちを込めて、今年はお花を贈りませんか?

一般的にお花を贈って喜んでもらえるのは女性をいうイメージですが、

父の日にも喜ばれるお花の選び方をご紹介します!



~言葉にできない感謝の気持ちを花言葉に~


お父さんへの感謝の気持ちや尊敬の気持ちはあるけれど

それを言葉で伝えるのはなんだか気恥ずかしいものです。

そんな時に使えるのが『花言葉』。

あなたの想いの花言葉をメッセージカードに書き添えて贈れば

花言葉を知らないお父さんにも気持ちが伝わります!


父の日に最適な意味の花言葉は?

花といっても沢山ありますが、父の日ギフトに最適な意味を持つ花はどれでしょうか。


《バラ》

フラワーギフトの王道といえば『バラ』ですが、実は色ごとに意味が異なります。
 赤・・・・「真実の愛」
 ピンク・・「感銘」
 白・・・・「尊敬」

を表します。

白いバラは「尊敬」で父の日にピッタリかと思いますが、一説によると、
 赤いバラ・・・健在の父
 白いバラ・・・亡くなった父

に贈るという説もあるため、気になる方は白いバラを避ける傾向にあるようです。


そして父の日の定番、
黄色は「友情」「献身」「嫉妬」「不貞」です。

あまり父の日に相応しい花言葉ではないのですが
「父の日黄色いリボンキャンペーン」でその年話題になったお父さんにイエローリボン賞を贈っているので黄色いバラが定着しました。
黄色は『幸福の象徴』ともいえる色なので、花言葉ではなく、こうした意味合いを重視して選ぶ方も多いようです。


《キショウブ》

「便り」
という意味をもちます。
離れて暮らしているなど、普段あまり顔を見ることのできない故郷のお父さんへ贈るのにとても良い花言葉です


《杜若 (かきつばた)》

「幸福はきっとあなたのもの」
という意味をもちます。
お父さんの幸せを願っている。という気持ちを伝えるのに良い花言葉ですね


《ユリ》

「威厳」
という意味をもちます。
父親の威厳等にかけているのかこちらも父の日に人気のお花です。
特に黄色のユリには「子としての愛」という意味もあるので父の日にピッタリですね。


《胡蝶蘭》

「幸福がやってくる」
という意味をもちます。
贈り物として需要が高い胡蝶蘭の花言葉もとても素敵ですね。
父の日に限らず人気があるのがわかります。



~育てやすさで選ぶなら観葉植物や多肉植物~

仕事で家に居る時間が少ないお父さんにとって、花の管理は少し大変に感じるかもしれません。
そこで育てやすい観葉植物や多肉植物を贈るのはいかがでしょう。

男性に可愛らしい花を贈るのに抵抗がある方にもピッタリです!

観葉植物は水やりの頻度も少なくとても育てやすいです。
多肉植物はサボテンの仲間でほとんど水やりはいりません。

観葉植物や多肉植物を枯らす一番の原因は水のやりすぎ!の方がが多いようです。


なのでお世話要らずで

空気の浄化や加湿効果や癒し、ストレスの緩和、目の疲労回復、園芸療法など
仕事で忙しいお父さんには嬉しいものばかりです!




~定年後の趣味として盆栽もおすすめ~

もともと植物が好きなお父さんにはもちろん、特に興味はないけど…という方でもハマルかもしれません!
お年寄りがする、育てるのが難しそう。高級な趣味というイメージですが、
最近ではミニ盆栽といって小さめの盆栽が若者にも流行ってきています!
定年後の楽しみのひとつとしても人気が高く、ゆっくりとした時間の中で
丹念込めて命を育むことに大きな喜びを感じる方が多いようです。



~迷った時にはひまわりを!~

元気で明るいイメージを持つひまわり。見ているだけで元気になれますよね
花言葉も「崇拝」や「あこがれ」の意味をもち尊敬の気持ちを伝えるには最適です!
先ほども述べたように黄色には「幸せ」や「希望」など『幸福の象徴』の意味があるので
愛する人への贈り物にふさわしい花です。

繊細そうな白やピンクの花より、豪快に咲く元気なひまわりの方が男性も受け入れやすいのではないでしょうか。

どの花にするかなかなか決められない…

という方は是非ひまわりにしてみてください!




まとめ

お父さんに贈りたい花は決まりましたか?

花に気持ちは込めたものの、何か物足りない…と思う方はお父さんの好きなものと贈るとよいでしょう。

スイーツやお酒など金額もお手頃で好みに合わせて気軽に購入できますのでオススメです!

スーツでお仕事に行かれるお父さんには定番のネクタイなどでも、

花の効果で嬉しさが倍増するのではないでしょうか?



ぜひあなたの気持ちに花を添えてみてくださいね。