フローリングが色褪せてきた!キレイに回復させる方法を紹介!

フローリングの色褪せを元に戻したい!

どんなに気をつけて使っていても、フローリングの色はくすんだり、傷が目立ってくるもの。そんなフローリングのカラーを、身近にある物を使って簡単に復活させ、おまけにキレイにしてしまう方法をご紹介します。


【ポイント1】身近なものを使うことで劇的に回復!

色あせたフローリングをキレイにするために使う身近なものとは、ずばり「紅茶のティーバッグ」なんです。家にある紅茶のティバーッグを使って、フローリングをカラーリングしていきます。

ただし、最初に目立たない場所でしっかりテストを行ってから実践していきましょう。自分の好みの色味に仕上っているかどうか、素材が適しているか等など、乾燥したあとにしっかり確認するようにしてください。

テストを終えたあとは、紅茶を出したお水でフローリングを拭いていきます。染色の目的以外にも、除菌作用もあるので、お掃除の仕上げにも効果的です。ちなみに出がらしのティーバッグであっても使用可能です。

これを年に数回行うと、キレイなフローリングを維持することが出来ますよ。


【ポイント2】そもそものフローリングの状態も大切

キレイにカラーリング効果を得るためには、ベースとなるフローリングの状態も大切です。(そもそもの話になりますが・・・。)

まずはきちんと水拭きをして、掃除してから準備をしていきましょう。フローリングに埃やゴミが残った状態では、カラーリングがムラになったり、色が濁る原因になってしまいます。

埃は、最初の状態はフワフワとした綿埃ですが、時間が経てばどんどんと取れにくい汚れになってしまいます。その状態では掃除機では除去しにくく、そういった汚れを残してしまうと、その部分だけ色が沈殿してしまいます。

あくまで、紅茶でのカラーリングは、薄く色がつく程度です。しっかりとベースの状態を整えてから、カラーリングを始めましょう。


【ポイント3】日頃のお手入れも重要なんです

普段の生活からフローリングをキレイに保つように努力しましょう。

ラグやカーペットを取り入れたり、動かすだけで傷になりやすい椅子やテーブルの下にはインテリアフェルトを使いましょう。年に1回はフローリングワックスをかけることも、とても有効です。細かな傷は早めに対処すればするほど、キレイに目立たなくすることが可能です。そうすれば、カラーリングもムラになりにくく、キレイに仕上げることが可能です。

使用年数が増えれば増えるほど、表面のワックスがはがれ、色が落ちてくるので、日々のお掃除に加えて、定期的なメンテナンスを行い、キレイなフローリングを維持しましょう。


【まとめ】

意外と放っておいてしまうフローリング。
しかし、キレイなフローリングはお部屋を明るく見せる効果もあり、清潔感も生まれるので、気分もスッキリします。身近な物を使ってできるので、とても簡単。騙されたと思って、一度トライしてみてくださいね。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ