りんご病になった子供は入浴しても良いものなの?入浴する際の注意点は?

子供がりんご病になり頬や身体全体に発疹が出ている場合は、入浴しても良いのでしょうか?結論から申し上げると、りんご病になり発疹が出ていても、入浴することに何も問題はありません。
子供がりんご病になって発疹が出ている状態でも、入浴してよい理由は2つあります。

1つ目は、入浴したからといって、家族にりんご病が感染する心配がないからです。2つ目は、既にりんご病の症状である発疹が出ているので、感染力が弱くなっているから問題がないという見解です。


■入浴する際の注意点について

りんご病になり発疹が出ている子供が入浴するのは何も問題がありませんが、いくつか注意点もあります。1つ目の注意点は、発疹が出ている部分をあまりにも温めてしまうと、痒くなってしまうという点です。

お風呂に長く入り、温めてしまえば、痒みが強くなり、掻き続けることで傷になってしまうこともあるので注意が必要です。発疹は放置しておけば、自然に消えてなくなりますが、子供によってはいつまでも発疹が消えない・・・というケースもあります。その原因は、発疹を掻き続けてしまうからです。

入浴の際も、普段も気になって発疹を掻いてしまうと、いつになっても発疹が消えないし、場合によっては傷つき炎症や化膿してしまう場合もあるので注意が必要です。


2つ目の注意点は、無意識のうちに発疹をガリガリと掻いてしまわないという点です。特に寝ている時は、無意識のうちに発疹を強い力でガリガリと掻いてしまい、翌朝、起きてみたら、発疹が傷つき血が出ていた・・・というケースもあるのです。

痒みが酷い場合は、医師の診察を受けて、痒み止めの軟膏をもらっておきましょう。発疹の痒みが強い部分に、しっかりと痒み止めの軟膏を塗っておけば、強い痒みでも和らげることができます。

特に入浴後や、寝ている間に痒みが強くなるというケースも多いので、入浴後はたっぷりと軟膏を塗っておきましょう。就寝前にたっぷりと軟膏を塗っておけば、無意識のうちに掻いてしまう気持ちも抑えることができます。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ