やわらか生活
日々の暮らしの疑問やアイデアを。
土用の丑の日

土用の丑の日にやってはいけないことってあるの?何をやってはダメなの?

『土用の丑の日』、皆さんはどのように過ごしていますか?

もしかしたら、知らず知らずのうちに土用の期間中してはいけないことをしてしまっているかもしれませんよ?もし、これをしてしまっていたら、縁起が悪いだけじゃなく、神様の怒りをかって祟られるなんてことも!?今年こそ、そんなことにならないように、土用にしてはいけないことについて少し確認してみましょう。


土いじり禁止!?土用にしてはいけないこと

まず、おさらいとして、土用について簡単に説明したいと思います。

そもそも、古代中国で考えられ日本に伝わった『五行説』という考え方をもとにしています。この世のものはすべて、木・火・土・金・水の5つの元素『五行』によってできているという考えです。この五行を季節に当てはめ、

  春は木
  夏は火
  秋は金
  冬は水
  季節の変わり目を土

としました。つまり、土用とは、季節の変わり目を指します。
具体的には、立春・立夏・立秋・立冬の直前の18日間を指します。


この土用の期間中には、土の気が盛んになるとされ、土を動かしたり穴を掘ったりといった土を触る作業や殺生は縁起が悪いとされました。また、陰陽道では、神様の1人で土を司る『土公神』という土の神様が支配する期間とされています。

この神様は季節によって移動される方で、春はかまどに、夏は門に、秋は井戸に、冬は庭にいらっしゃるので、その土を動かす工事は神様の怒りをかうため祟りがあるとされました。そのため、この土用の期間中は、土に関する作業を控えました。

また、土用に入る前に着工すれば、土用中に作業することは差し支えないとされています。そのため、種まきができなかったり、葬送を延期したりしました。
土用は、季節の変わり目を指すので、農作業などの大仕事をすると疲れて、いつも以上に体調を崩しやすくなるという戒めもあったのかもしれませんね。

[ad#yawa_300x250]

土用の期間中、禁止されてる土を動かせる特別な日があった!

実は、この土用の期間中でも土に関する作業が特別にできるとされる日が設けられています。これを、『土用の間日(まび)』と言い、土に関する作業をしても問題がないとされました。

この期間中は、土を司る土公神という神様が文殊菩薩に招かれて天上に行くので地上にいなくなるため、差し障りがなくなるとされています。この土用の間日は、季節ごとに決められており、春は巳・午・酉のつく日、夏は卯・辰・申のつく日、秋は未・酉・亥のつく日、冬は卯・巳・寅のつく日となっています。つまり、土用の期間でもどうしても土に関する作業をしなければいけない時は、この間日を利用すれば良いというわけです。


まとめ

これで今年の土用は皆さんも安心して過ごせますね。神様に愛され、更に縁起が良くなる過ごし方で是非運気を上げて暑い夏を乗り切りましょう。