そうめんとひやむぎは何が違うの?見た目だけじゃわからない違いを解説!

そうめんとひやむぎは、どちらも小麦粉から作られる麺の一種。
でも、明確な説明を問われると、少し返事にこまってしまいますよね?
そこで今回は、歴史や成り立ちを紐解きながらその違いに迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

そうめんの歴史

そうめんの歴史は古く、室町時代にはすでに生活の中に定着していたと言われています。意外に昔からあったんですね。

そうめんの先祖は○○だった!?そうめんに見る日本と中国の密接な関係
そうめん イラスト
そうめんの起源を辿っていくと、索餅(さくべい)を起源とする説が有力だと言われています。 索餅とは、奈良時代、仏教伝来とともに唐(中国)から伝わった唐菓子の1つ。 小麦粉、米粉を


違いは太さ?そうめんとひやむぎ

そうめんとひやむぎの違いを見る時によく言われるのが、太さによる違いです。
まずは、乾めん類から見ていきましょう。
こちらは、日本農林規格(JAS規格)の『乾めん類品質表示基準』に詳しく書かれています。

そもそも乾めんは、小麦粉に食塩と水を加えて混ぜ、よく練った生地を製麺して乾燥させたものをいいます。この製麺の過程でそうめんなのかひやむぎなのかに別れるわけですね。

この太さが、
 【直径1.3mm未満】・・・そうめん、
 【直径1.3mm以上1.7mm未満】・・・ひやむぎ(※)

  ※「細うどん」と表示することも可能
といいます。


手延べ麺の場合は?

また、手延べ麺の場合は、『手延べ干しめんの日本農林規格』を満たすことが条件になりますので、こちらも見てみましょう。
手延べ麺の場合、そうめんもひやむぎも同じ基準なので、【直径1.7mm未満】で【丸棒状に成形されているもの】は、手延べそうめん、手延べひやむぎと言うことができます。

【参考情報】
◯◯そうめんといえば?日本三大銘菓のそうめんって何?中国のそうめんってどんなそうめん?
イカそうめん イラスト
名前に「そうめん」とつく食べ物といえば、何を思い浮かべますか? イカそうめん、練り製品の魚素麺、郷土料理の鯛そうめんなどが有名でしょうか。 また、創作料理などで、◯◯そうめ



太さだけじゃない!製法によるそうめんとひやむぎの違い

いろいろな工程を見ていくと、そうめんとひやむぎの違い、実は、太さだけじゃなかったんです。
その秘密は、生地を製麺する工程にあります。

そうめんは、練り上がった生地を細くするのに、よりをかけながら順次引き延ばして麺にします。
ところが、ひやむぎは、練り上がった生地を細くするのに、うどんと同じ要領で、薄く打ち延ばして細く切って麺にするんです。
だから、そうめんの麺の断面は丸くなり、ひやむぎの麺の断面は四角くなるんですね。


まとめ

今までそれほど意識してきませんでしたが、言われてみればそうめんとひやむぎではゆで時間も伸びやすさも違いますし、のどごしや舌触りも違っていますよね。
これは、形状から違っていたからなんですね。

製麺機が発明された明治16年頃から機械製の乾めん類が増えましたが、それ以前は手作業でしたし、機械化された今も製麺の基本は手作り製麺法なので、製法は今も引き継がれているそうです。

日本の伝統と文化を守ってきてくれた方々のおかげで、そうめんとひやむぎが今も大活躍し、毎年食欲のない夏を乗り切る手助けをしてくれているんですね。
今年の夏は、製麺法を昔から守ってきてくれた職人さんに感謝してそうめんもひやむぎも美味しく食べたいですね。

【参考情報】
日本だけじゃない!?海外のそうめん文化~中国、韓国、台湾はどんなそうめん?~
麺 イラスト
日本独自の食文化だと思いがちな『そうめん』。実は似たような食文化が海外にもあるって知っていますか? 調べてみると、日本と古くから関係の深い東アジアには、『そうめん』の食文化がある

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ