あせもになった!何が原因なの?正しい対処と予防方法について

夏が近づいてくるとあせもに悩まされることがある方も多いのではないかと思います。でも、あせもってどんな病気で、どんなことに気をつけなければならないのか?知っているようで意外に知らないという方も多いのでは無いでしょうか?

そこで、あせもってどんな病気なのか、どんな種類があるのか、あせもができてしまった時の診察について纏めてみました。早く治すためにも是非チェックしてみてくださいね。


Sponsored Link

あせもとは?

あせもとは、汗疹(かんしん)もしくは汗貯留症候群と言います。汗を大量に掻いた際、汗管という汗の出る通り道が詰まって汗が皮膚表面に出られなくなり、皮膚内に貯留して起こる小水疱のことです。

あせもの種類

あせもには、下記の3種類があります。

紅色汗疹

一般的なあせもです。赤くプツプツとした丘疹が、汗の溜まりやすい箇所に密生して生じます。発汗が継続した場合や、汗を掻きやすい赤ちゃんから小児によく現れます。これは皮膚表皮内の有棘層(ゆうきょくそう)で汗管が詰まり、そこで汗が滞留し、水疱を作ったものです。痒みを伴い、チクチクとした不快な痛みを感じます。

水晶様汗疹

透明で水滴のような小水疱が蜜に生じるのが特徴で、主に日焼け後や急性熱性疾患時(発熱を生じる病気)に生じます。これは、軽度の皮膚表皮の損傷により汗孔(汗の出口)が塞がってしまい、皮膚表皮の角質内に汗が溜まるために生じます。痒みや痛みなどの自覚症状や炎症は特になく、水疱は自然に破れ、数日以内に治ります。

深在性汗疹

皮膚色の扁平に隆起した丘疹が特徴で、それらが敷石状に多く現れます。これは、皮膚表皮の下にある真皮内で汗管塞がることによって、真皮内に汗が溜まるために生じます。深在性汗疹は高温多湿な環境で長時間作業に従事するなど、繰り返し高温にされされることによって生じます。

あせもに関する補足

ちなみに、あせもは赤ちゃんから小児によく発症します、その理由は、単純に子どもはよく動くこと、汗をいちいち拭かないことなどもありますが、体表面積と汗腺の数が関係しています。実は、汗腺の数は大人も子どもも同じなので、子どもの方が同一体表面積あたりの汗腺密度が高く汗をより多く掻くため、汗管の詰まる確率が高いと考えられるからです。

汗腺密度は成人の大人に比べ、新生児で約12倍、1歳児で約8倍と言われています。また、赤ちゃんの場合、身体がムチムチとしていてとてもふくよかなため、お肉のシワがよりやすく、そこに汗が溜まって詰まりやすいというのも原因の一つとして考えられます。



あせもが出来てしまったら?

水晶様汗疹や軽症の紅色汗疹の場合は、暫くすると自然に治ります。ですので、まずは出来たあせもがそれ以上広がらないように、室内の温度や着ている服を調整する、また汗を掻いた場合はこまめにシャワーを浴びるか拭き取るなどして、経過観察をします。しかし、痒みが酷い、赤みが強い、腫れ上がっているなどの症状がある時は、細菌感染を併発している可能性があるため、皮膚科医を早めに受診するようにしましょう。

病院ではどのような検査・診断になるか?

病歴のヒアリングと、発疹を見て診断していきます。細菌感染の可能性が疑われる場合は、細菌の検査を行います。また、他の病気との区別が難しいと判断した際には、病変部の皮膚の生体検査(組織をとって調べる)や病理組織検査などが必要になる場合があります。それとは別に、そもそもあせもではなくアレルギー症状が疑われる場合は、別途血液検査をするケースもあります。


あせもと診断されたら。その治療方法は?

水晶様汗疹の場合

特別な治療を行わなくても自然に治るため、経過観察になります。ただ、その間に発心が広がったり赤くなったりなど、症状に変化が見られた場合は出来るだけ早く再受診しましょう。


紅色汗疹の場合

ステロイド剤が配合されたクリームの外用を行います。ステロイド剤は症状や年齢によって配合率を変えてくれますが、そもそもの使用に不安や抵抗がある場合は医師とよく相談しましょう。


深在性汗疹の場合

水晶様汗疹の同様に特別な治療を行わなくても自然に治りますが、環境依存型の症状のため、高温多湿を避け、涼しい環境で日常生活を行うよう心掛けます。

細菌感染が加わっている膿疱性汗疹の場合

抗生剤の投与を行います。万が一、膿疱性汗疹が悪化し、汗腺膿瘍になってしまった場合には、切開して排膿(はいのう)する必要があります。

まとめ

「あかいあせも」は、痒みを伴っています。そのため掻いてしまうと、湿疹化して治りにくくなっていきます。また、掻いた所から細菌が入って「とびひ」になり、それが体のあちこちにうつって広がったりします。また小さなお子さんの頭では「あせものより」(乳児多発性汗腺膿瘍)という膿胞が多発した状態になることもあります。


あせもの予防方法とステロイドについては以下の記事を参考にしてくださいね。
あせもは汗管という汗の出る通り道が詰まって汗が皮膚表面に出られなくなり、皮膚内に貯留して起こる小水疱のことを言うので、何よりも汗管を詰まられないようにすることが大切です。 で

とびひについてはこちらの記事を参考にしてくださいね。
医者 イラスト
どんな病気? 「とびひ」の正式な病名は、「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。 細菌が皮膚に感染することにより発症し、人から人へ感染する病気です。 とびひ

親子 イラスト
とびひの治療は、細菌退治が一番!! とびひは、悪化する前に治療を始めると、早く治ります。おかしいなと思ったら出来るだけ早く小児科や皮膚科を受診しましょう。 かかった時に注意スべ

親子 イラスト
とびひにかかった際に注意しておきたいことが幾つかあります。ここでは主なものを纏めておきたいと思います。 プールや水泳に参加してもいいの? プールや水泳は完全に治るまでは禁止

親子 イラスト
とびひの種類にはどんなものがあるの? 「とびひ」は、大きく分けると、以下のの2種類に分類できます。   水疱性(すいほうせい)膿痂疹(のうかしん)   痂皮性(かひせい)

あせもは身近な皮膚疾患です。しかし、特に幼児の場合、掻きむしって皮膚に傷が付いてしまうと、そこから細菌感染が起こるケースが多々ありますので、気をつけるようにしてくださいね。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ