バスルームのお掃除を数倍楽ちんにする3つのポイント!どんなポイントがあるの?

楽ちん簡単にお風呂掃除をするコツってあるの?

バスルーム掃除の際に、腰をかがめる等、無理な体制で浴槽を洗っていたり、汚れがなかなか落ちず、洗剤の塗布後に少し時間を置いていたり…という苦労をされている方も多いようです。実は、バスルームを楽に掃除するためには、3つの重要なポイントがあります。



【ポイント1】掃除するタイミング

最適なタイミングは、お風呂あがりです。お風呂あがりは、バスルームの湿度が高くなっています。湿度が高い状態であれば、洗剤を塗布してから、わざわざ時間を置かなくても、よほど頑固な汚れでない限りは、簡単に落とす事ができます。

特に、浴槽内の水垢等は、浴槽に溜めていたお湯の効果もあり、汚れが少し浮いた状態になっているため、このタイミングに掃除しておけば、スポンジで軽くこするだけで汚れが簡単に落ちます。

バスルーム掃除は、お風呂あがりのうちに済ませましょう!そうすれば、洗剤を塗布してから時間を置く必要もなくなり、少ない労力でササッと汚れが落とせます。


【ポイント2】道具選び

掃除道具にこだわってみると、バスルーム掃除が随分と楽になります。高価なものを購入する必要はないと思うのですが、道具の形状にはこだわった方が良いでしょう。

浴槽掃除には、長い柄の付いたブラシがオススメです。100円ショップで売られているもので十分です。長い柄が付いていると、腰をかがめて掃除する必要がないので、腰に負担がかかりません。浴槽の外側に立ったまま、浴槽全体を洗う事ができます。

また、バスルームの床や浴槽のフタ等の凸凹した部分には、専用ブラシがオススメです。凸凹にピッタリとフィットするように毛の長さがカットされた専用ブラシを用意しましょう。専用ブラシは、スーパー等で購入する事ができます。

便利な道具を活用し、効率よく掃除しましょう!


【ポイント3】カビ予防s

バスルームを楽に掃除するには、事前に汚れを付きにくくしておく事も重要です。特に、カビは一度生えてしまうと、なかなか落ちにくいので、事前にしっかりと防止しましょう。

バスルームの掃除が終わったら、新たな汚れが付く前に、カビ予防の処理をしておきましょう。カビ予防には、よくCM等でも見かける燻煙材タイプが便利です。容器に水を入れて放置しておくだけで、防カビ効果のある煙がバスルーム内に充満し、カビが生えるのを防いでくれます。バスルーム掃除のついでに、1~2ヶ月に1回行うと良いでしょう。

面倒なカビが生えるのを防ぐ事で、普段の掃除も楽にしましょう!やってみると、本当にカビが生えなくなります。


【まとめ】

億劫に思われがちなバスルーム掃除ですが、この3つのポイントを押さえておけば、驚く程、掃除が楽になります。

これを読んで、まだ半信半疑な方もいると思いますが、本当にこんなに簡単な事で掃除が数倍楽になるので、試してみない手はありません。ぜひ試してみてくださいね!

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ