お風呂掃除に薬品を使うのはNG?使っていいの?どっち?

面倒くさいホコリ掃除って簡単にできないの?

お風呂は小まめに掃除する場所では無いので、やる時は徹底的にやりたくなります。でも、カビなどは擦っただけでは落ちてくれないので、それに有った薬などを使わなければなりません。一種類でやろうとする人が多いですが、何種類か使いわけた方が実は良いのです。


【ポイント1】汚れをかき出す

当然初めにやりたいのはタイルでしょう。床面も壁も全体的に汚れて行くので分かりづらいですが、かなり汚れています。使う薬としては、結局の所カビキラーが鉄板です。色々と種類はありますが、カビキラー自体の性能が凄くいいので、好きなモノでも問題ないと感じました。

床面なら必要ないかもですが、壁面はカビキラーを付着させた後に、ガーゼなどをくっ付けておくと一度でキレイになってくれます。ガーゼでなくてもラップで代用する事も出来ますね。滴ったり、垂れてしまったりすると全然効かない事もあるので、これをやって置くとハッキリと効果に違いが出ます。

しかしカビキラーは劇薬に入ると思うので、手袋と換気は必須ですね。換気できない時は、ガーゼ、ラップなどは止めて、何度か繰り返す方が良いかも知れません。冗談抜きで命に関わる事もあります。


【ポイント2】汚れを落とす

2つ目は蛇口ですよね。銀色の物が多いと思いますが、クエン酸を使って落とすことが出来ます。お風呂場洗剤で落ちない事もないですが、やはり細かい汚れが残ってしまいますね。

単純に蛇口洗浄のアイテムでも綺麗になりますが、何だかんだ一番ピッカピカになるのはクエン酸でした。お掃除用のものでも良いですし、料理で使うのでも綺麗になります。

私の場合はクエン酸を溶かし込んだ水にスポンジを付けて、それでゴシゴシやるだけです。余程汚れているのならともかく、普通の汚れなら浸けて放置する必要もありません。何回か繰り返して行けばドンドン光って行きます。

金たわしのようなものを使ってしまうと、見えないぐらいの細かい傷が付いてしまうのでやればやるほど曇ってしまいます。雑巾のような布性のモノか、スポンジの柔らかい方がいいです。


【ポイント3】磨きをかける

後は細かい部分ですが、シャワー掃除もありますね。これもゴシゴシやって掃除する事も出来ますが、使えるのはお酢です。恐らくシャワー部分が外れると思いますから、バケツにお湯を張り、お酢を1カップぐらい入れて付けておきましょう。

その後でゴシゴシやれば、やるのは数分で済みます。これは詰まっているしまったシャワーを掃除するにもいい方法だそうで、楊枝とかで突くと詰まりも解消する事が出来ます。

シャワーのホース部分はカビキラーで落とせます。なので順序としては、先にノズルを外して付けこんで、その後に床などと一緒にホースもやってしまう方がいいでしょう。ホースは中の方が汚れるので、透明だと目立ちます。中の掃除も出来ますが、手間と天秤に掛けると交換のほうが良い気もしますね。


【まとめ】

プロなどの人が掃除する時にも使ったりしますし、知らないだけで掃除に的確な素材と言うのも沢山あります。拭いてそれで済むなら良いですが、お風呂場はそうではないので、汚れに対して良く効くものを選びましょう。

窓やゴムカビも結構な強敵です。結構大変ですが、年に一度ぐらいなものだと思うので、隅から隅までやってしましましょう。

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ