結婚式*受付を頼まれた方のためのまとめ

結婚式の受付はとっても大切な役目です。
ゲストの方へのおもてなしや、高額なご祝儀を扱うため細心の注意を払う必要があります。
「両家の代表」として責任を持って、努めましょう。

今回は服装や役割など、チェックポイントをまとめてみましたので、初めて受付を頼まれた方はぜひ参考にしてみてくださいね。




Sponsored Link

・受付係はどんな役割?


結婚式の受付は挙式や披露宴に招待されたゲストが一番はじめに立ち寄るところ。
両家代表の顔として来場したゲストを明るく爽やかな笑顔で失礼のないように心からお迎えします。
他にも芳名帳を記入してもらったり、ご祝儀や祝電の受け取り、ゲストの取次ぎや席次表などを手渡す役目があります。




・受付係をお願いされたら


引き受ける場合は
「私で宜しければ喜んでお引き受けします」

断る場合は
「申し訳ございません。披露宴前に用事があり、到着がギリギリになりそうなので早めに伺うことが出来ません」
などとお伝えし早めにお断りをしましょう。


受ける場合も、断る場合も早めに返事することを心がけましょう。





・受付開始までの流れ


受付の多くは、挙式や披露宴の30分前から始まります。
当日は事前に会場の設備の確認や、他の受付係の方との顔合わせができるよう余裕を持って集合時間の30分前には会場へ着くようにするのがベストです。
また、会場に到着し時間が取れるようであればご両家への挨拶にも忘れずに伺いましょう。


両家の代表としてご祝儀を扱うので、責任を持ってお預かりします。
なるべく持ち場を離れてはいけませんので、受付が始まる前には必ずトイレを済ませておきましょう。


自分の荷物は必要な物以外はすべてクロークに預けておくと受付の仕事に集中できるので良いでしょう。



・受付係が集合したら


新郎新婦から事前に伝えられた時間より余裕を持って集合場所に向かいましょう。
受付係や会場のスタッフの初の顔合わせの場となります。
ご祝儀がなくなる等様々なトラブルを防ぐためにも他の受付係やスタッフの顔を覚えておきましょう。

顔合わせが終わると、会場スタッフより説明を受けます。
受付方法や用意されているもの、会場設備などを確認しておきましょう。
その後各ポジションにつき、受付準備が整い次第早めに到着されたゲストをお迎えしましょう。




・役割分担決め


受付係は主に「ご案内係」と「ご祝儀係」の2つがあります。
両家2名ずつ、計4名で行うことが多いので役割を事前に決めておきましょう。

ご案内係…ゲストに挨拶をして記帳をお願いする係。お車代や席次表などの配布物を渡したり控え室への案内も行います。

ご祝儀係…ゲストの確認とご祝儀の管理や保管をします。高額を扱うため細心の注意が必要です。



・特別なゲストの確認


披露宴で挨拶や乾杯の音頭をとっていただく主賓の方には新郎新婦より「お心付」や
遠方から駆けつけてくださった方のために「お車代」をお渡しすることがあります。

その場合受付でお渡しすることが殆どなので、事前に新郎新婦から「特別なゲスト」を聞いてしっかりと把握しておきましょう。


他にも受付の飾り付けを依頼される場合もあります。
参列者からご祝儀の他にプレゼントなどをお預かりすることもありますので、ご祝儀をお渡しする際にプレゼントを受け取った旨をお伝えしましょう。

当日は不特定多数の方が出入りしますが、受付係以外は受付に立ち入ることがないように
失礼のない態度でお断り出来るようにするなどケースバイケースで対応してトラブルを防ぎましょう。




・ゲストが来たら


・必ず立って一礼をします。

・ゲストから祝福の言葉を受けたら笑顔で挨拶をしましょう。
「本日はお忙しい中、ご出席いただきましてありがとうございます」etc.

・ご祝儀やご祝電の受け取りをします。
※「ありがとうございます」「お預かりします」と言い両手で受け取ります。

・ご祝儀をいただいたゲストの名前を確認し名簿にチェックを入れ、広蓋(お盆)の上に置きます。
※広蓋(お盆)は空にせず、時々積み上げられたご祝儀の半分ほどを別の袋などへ保管しましょう。ご祝儀から目を離さないようにしておきましょう。

・芳名帳に記帳をお願いします。
※芳名帳の正面をゲストに向け、指を揃えて手のひらを上に手を添えながらお願いします。
※ご祝儀・芳名帳ともに必ず新郎側、新婦側に分けます。

・座席表や席札など配布物をお渡しします。

・「控え室は○○となっております。開演までしばらくお待ちください」と控え室に案内します。







・受付係の服装


最近では正装をすこし崩した方のご出席も多いですが、
しつこいようですが、受付係は「両家の顔」。
新郎新婦の親族や上司なども参加しますので、きっちりとした正装で挑みましょう。


女性ゲストのポイント

・白や白系を避けた華やかなドレス
・肩だしなどの露出度の高いドレスはNG
・派手すぎる奇抜なドレスはNG
・ずれやすいストールよりボレロがGOOD

ご祝儀を受け取る際や配布物を配るときなど、何かと手に注目がいきがちなので華やかで上品なネイルなどをすると更に良いでしょう。


Sponsored Link





いかがでしたでしょうか。
高額を扱ったり、両家代表として大変なお仕事ですが、
受付を頼まれるということはあなたはそれだけの信頼を受けているということ。

わからないことは事前に会場スタッフに聞くなど、万全の体制で、爽やかな笑顔でゲストをお迎えしたいですね!

Sponsored Link
data-ad-format="rectangle">

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ